老け顔になる

背骨が左右に曲がると背骨周辺の筋肉にも偏りが起こります。
その結果、僧帽筋の伸縮が鈍くなり、表情筋をひっぱる力が弱くなって、顔がたるみやすくなり、老けた顔になります。

また顔だけでなく、身体のラインがくずれるなど、身体全体が老けた印象になりやすくなります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。