カバンをいつも同じ側の手で持つ

日常生活のクセ、姿勢の悪さの積み重ねにより、
背骨がゆがんでくることがあります。

例えば、同じ側の肩に掛けている場合、その肩が上がり、
体がバランスを取ろうとして、背骨が左右にゆがんでくることになります。

また、手で持つ場合でも、カバンをいつも同じ側で持っていると、体のバランスを取るために
反対側の腰に力が入りやすくなります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。